ビザ申請サービスホームページ > 事例一覧 > 会社の業務で海外出張が多く、在留歴が心配なので永住申請をしたい

日本人配偶者等(結婚ビザ)事例1

会社の業務で海外出張が多く、在留歴が心配なので永住申請をしたい

 就労ビザの方が永住権を取得する場合の基本的要件として以下の3点があげられます。
1.来日後10年以上経過
2.就労ビザを取得してから5年以上経過
3.最長の期限(3年)のビザを取得している

 また、永住申請の場合これに加え素行の善良性や生活基盤の安定性などが問われ、総合的に審査されます。

 よくご相談頂くケースとして、日本企業で勤務していて就労ビザを取得している外国人の方が海外支店に出向させられてほとんどを海外で過ごしている場合があります。このような場合、滞在年数の要件はすでに満たしていても、海外勤務でほとんど日本にいらっしゃらないということですと、生活基盤の安定性という観点から永住ビザ取得は難しくなる傾向があります。(年間の海外滞在日数にもよりますので不安な方はご相談ください)

 許可取得が難しい場合には、海外勤務が終わり日本で勤務出来るようになってから永住申請することをおすすめします。

関連ページへのリンク
永住ビザ申請 / 無料相談に進む 
ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>