日本人配偶者ビザ事例3
外国人ビザ申請サービス(個人のお客様) > 事例一覧 >日本人配偶者ビザ事例3

不法滞在で退去強制になったことのある配偶者を再度日本に呼びよせ、配偶者ビザを取得したい

 退去強制で出国した場合、通常は5年間(場合によっては10年間)の入国禁止となります。この期間が経過していない状況で日本への入国を強く希望する場合には上陸特別許可申請を行います。

 ただし、上陸特別許可はやむを得ない事情のために法務大臣に例外的に入国を認めてもらうものですので、申請すれば必ず入国できると言うものではありません。退去強制からしばらくの期間を経過しても、夫婦として婚姻生活が継続している事実が明確にわかるような場合には、例外的に上陸拒否期間内でも日本入国を許されることになります。

 しかしながら、上陸特別許可はあくまでも法務大臣による例外的な処置であるため、ケースによっては何回申請しても許可がおりない場合もあります。

 ACROSEEDでは、同一料金で合計3回まで上陸特別許可の申請を行います。また単に申請を行うだけでなく、数年にわたり招へいのスケジュールを組み、お客様がよりビザ取得をしやすくなるよう継続したご指導を行っています。

 配偶者の呼び寄せでお困りの方はお気軽にご相談ください。

関連ページへのリンク
上陸特別許可申請 / 日本人配偶者ビザ  / 無料相談に進む 

外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>