日本人配偶者ビザ事例7
外国人ビザ申請サービス(個人のお客様) > 事例一覧 > 日本人配偶者ビザ事例7

短期ビザから配偶者ビザに変更したい

 短期ビザで来日中、日本で婚姻手続きを終えた婚約者(または海外で婚姻手続きを済ませた配偶者)が配偶者ビザを取得する場合には入国管理局へ在留資格変更許可申請を行います。

 なお、現在の入管法では短期ビザから他のビザへ直接変更することは原則として認められておらず、短期ビザから配偶者ビザへの変更は入国管理局が人的配慮から特別に受け付けている手続きです。したがって、場合によっては 切り替え申請を拒否され、一度帰国することを前提とした在留資格認定証明書交付申請を行わなければならないケースもありますので注意が必要です。

 この手続きを行う場合には来日後短期ビザの期限の90日以内に行う必要があります。審査期間は1ヶ月から3ヶ月程度かかりますが、審査期間中に短期ビザ期限が過ぎてしまっても合法に日本での滞在は問題ありません。ただし、日本人の配偶者等のビザを正式に取得するまでは就労はできません。

 日本人配偶者等のビザ申請は偽装結婚防止のため入国管理局での審査が厳しくなっています。交際期間が短いなど客観的に見て偽装結婚を疑われそうな場合、ご自身で申請して不許可になった場合などは専門家に相談されることをおすすめします。

関連ページへのリンク
在留資格変更許可申請 / 日本人配偶者ビザ申請 / 無料相談に進む 
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>