変更事例2

留学生ビザ(専門学校)から就労ビザへ変更したい

 日本で就労ビザを取得するには一般的には大学を卒業し、またはこれと同等以上の教育を受けた者、もしくは規定の実務経験がある者に限られてきましたが、平成7年1月から所定の要件を満たした専修学校を卒業したものに対しては専門士という称号が与えられ、就労ビザを取得できるようになりました。

 以下のような場合、専門士を取得した方に対して就労ビザへの変更が認められます。

1.就職先で予定している職務が技術ビザ、人文知識国際業務ビザなどの就労に関係するいずれかの在留資格に該当していること

2.申請人が専門士の称号を有していること

3.専修学校の専門課程における修得内容と従事しようとする業務が関連していると認められること

 しかし実際は専門学校卒の外国人が就職し就労ビザへの在留資格変更許可申請をしたところ不許可になるケースが多く見受けられます。これは大学卒の留学生に比べ専門士の方がそのスキルと業務との関連性が強く求められるからです。

就職先が内定したら在留資格変更許可申請を提出する前に、一度専門家に相談することをおすすめします。

関連ページへのリンク
在留資格変更許可申請 / 技術人文知識国際業務ビザ / 無料相談に進む 
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>