短期ビザ事例2

海外にいる両親を親族訪問のために呼びたい

  日本との査証免除協定を締結していないロシア、中国、フィリピン、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、ウクライナ、ペルーなどの人が日本に入国する際には親族訪問や観光目的であっても短期ビザを取得しなければなりません。

 短期ビザで招へいする場合には日本で必要書類を作成し、海外の申請者の郵送、現地の日本大使館や領事館で申請するのが一般的です。この提出資料をもとに、大使館(領事館)でインタビューがあることもありますので申請人ご自身が書類の内容をよく把握しておくことも重要です。

 短期ビザは観光ビザともいわれているため比較的簡単に取得できるものと考えがちですが、一部の国に対しては審査が非常に厳しくなっています。また、審査基準も非公開となっているため、不許可となってもその理由がわかりません。その上、ビザが不許可となった場合には、原則として6ヶ月間は同一のビザ申請ができなくなりますので注意が必要です。

 ACROSEEDではご両親やお子さんのの短期ビザ申請において様々な許可取得事例がございます。お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

関連ページへのリンク
短期ビザ申請 / 無料相談に進む 
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>