ビザ申請サービスホームページ > 事例一覧 >不法滞在中の外国人と結婚したので在留特別許可を申請したい

日本人配偶者等(結婚ビザ)事例1

不法滞在中の外国人と結婚したので在留特別許可を申請したい

 通常、オーバーステイの場合は退去強制手続が行われ強制送還の対象になります。しかし、日本人(永住者、日本人配偶者、定住者を含む)と結婚している、日本国籍の子供を扶養しているなど今後も日本在留の必要性が認められる場合には、法務大臣から例外的な許可をもらい正規のビザを取得出来る場合があり、これを在留特別許可と呼んでいます。

 しかし在留特別許可は一定の要件があれば誰でも許可されるものではありません。在留特別許可を申し出るには本国に強制送還されることを前提とした退去強制手続きを受けることになっています。基本的には入国管理局側は不法滞在者を本国に送還したいと考えているため、その流れの中で異議を申し立て特別に在留の必要性を認めてもらうのは大変なことです。さらに、申し出が認められない場合には、当然に本国へ退去強制させられる事となりますので失敗は許されません。

 よく頂くご相談の中で、「友人が在留特別許可を申請して成功したので、その話を聞いて自分でやってみたら失敗して本国に送還されてしまった」というお話があります。こうなると最低でも5年は入国拒否期間として日本に来ることができなくなってしまいますので、在留特別許可は慎重に行うべきです。

 ACROSEEDでは開業以来600件以上の在留特別許可を取得しています。配偶者や婚約者の不法滞在でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連ページへのリンク
在留特別許可申請 / 無料相談に進む 
ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>