外国人雇用Q&A

Q14.外国人の在留資格の変更や在留期間の更新申請の手続きは、本人以外の代理人ができますか?

 原則として、本人が地方入国管理局等に出頭して申請する必要があります。しかし、本人が16歳未満の年少者である場合や身体の疾病その他の事由のため白ら出頭できない場合には、父母、配偶者、監護者又はその他の同居人が本人に代わって申請をすることができます。(仕事が休めないとの理由はこれに当たりません)

 なお、外国人を雇用又は受人等している企業、学校等で地方人国管理局長が適当と認める機関の職員は、所属する外国人に代わって申請書類を提出することができます。また、弁護士会又は行政書士会を経由して地方人国管理局長に届け出た弁護士又は行政書士を通じて申請書類を提出することも可能です。

外国人のビザ申請お問い合わせ

法人向けサービス

1.総合サービス

2.目的別

3.手続の種類別

4.ビザの種類別

5.外国人雇用関連サービス

事務所概要

関連サイト

外国人雇用Q&A

無料メールマガジン「人事総務レポート」