外国人雇用Q&A

Q26. 外国人労働者を雇用する際に労働条件等で留意する点はありますか? また、雇用管理について、どのようなことに気をつければよいですか?

 一般に、外国人労働者は国内に生活基盤を有していないこと、日本語やわが国の労働慣行に習熟していないことなどから、就労にあたっての問題が起こりがちです。

 この度、改正雇用対策法に基づき、外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が適切に対処するための指針が策定され、外国人労働者の雇用管理の改善等が事業主の努力義務となりました。

 この指針は、外国人の方々が日本において安心して働き、社会に貢献していただくために、事業主の方々に講じていただくべき事項について整理されたものです。本指針の趣旨に基づき、外国人労働者の雇用管理の改善等に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。指針のうち、労働条件や、雇用管理の改善等に関するポイントは以下のとおりです。

 ●基本的考え方

 事業主は外国人労働者について、
・労働関係法令及び社会保険関係法令を遵守する。
・外国人労働者が適切な労働条件及び安全衛生の下、在留資格の範囲内で能力を発揮しつつ就労できるよう、この指針で定める事項について、適切な措置を講ずる。

 ●外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が講ずべき措置
・外国人労働者の募集及び採用の適正化
・適正な労働条件の確保
・安全衛生の確保
・雇用保険、労災保険、健康保険及び 厚生年金保険の適用
・適切な人事管理、教育訓練、福利厚生等
・解雇の予防及び再就職援助

 ●外国人労働者の雇用労務責任者の選任

外国人のビザ申請お問い合わせ

法人向けサービス

1.総合サービス

2.目的別

3.手続の種類別

4.ビザの種類別

5.外国人雇用関連サービス

事務所概要

関連サイト

外国人雇用Q&A

無料メールマガジン「人事総務レポート」