高度人材ポイントでの永住ビザ取得

高度人材ポイントでの永住申請
外国人ビザ申請無料相談
外国人ビザ申請サービス(個人のお客様) > 高度人材ポイントでの永住ビザ取得

1.高度人材ポイントを利用した永住申請

 高度人材とは、日本の学術研究や経済発展に寄与すると思われる高度の専門的な能力を持つ外国人の事です。入国管理局が公表している「ポイント計算表」と言われる要件に該当し合計で70点以上に達すれば高度人材と認められます。

 高度人材には様々なメリットがありますが、中でも永住権申請の条件緩和(日本での滞在10年⇒1年に短縮)はインパクトが大きく、これを目標に多くの外国人が高度人材の獲得を目指しています。

 つまり、通常の就労ビザ(技術・人文知識・国際業務ビザや経営管理ビザなど)をお持ちの方であっても、高度人材のポイントに該当する場合には、高度専門職ビザを取得しなくても高度人材の緩和要件で永住申請を行うことが可能なのです。

 平成29年4月より始まったばかりの制度ですが、ACROSEEDでは高度人材ポイントを利用し、在留1年程度で技術・人文知識・国際業務ビザ(就労ビザ)から永住ビザを取得されるお客様が増えています。

 通常のプロセスで永住ビザ取得をお考えの方はこちらのページをご覧ください。

2.高度人材のポイント計算方法

 高度人材と認められるには、入国管理局が発表する「ポイント計算表」でご自身が70点以上を取得することが条件となっています。「ポイント計算表」では、「高度専門職1号」イ~ハに応じて以下のような項目により審査が行われます。

1.学歴
2.職歴
3.年収
4.年齢
5.日本語の上手さ
6.国家資格の有無
7.特定の学校の卒業
8.特定分野の事業に従事 など
 

1.高度人材の分野の確認

 日本に滞在する高度人材と呼ばれる外国人は、おおまかに次の3つの分野に分かれます。

 ポイント計算を行う前に自分がどの分野に該当するかを確認する必要があります。

 高度人材に該当する職種をわかりやすく言えば、(イ)は研究所の研究員や専門的な教師など、(ロ)は一般企業に努めるホワイトカラー層、(ハ)は企業経営者などが該当します。


2.高度人材ポイントの計算

 高度専門職1号(イ)(ロ)(ハ)のいずれかに該当するかを確認後、ポイント表でポイントを計算します。

 ポイント計算は、入国管理局で公表されている以下の書式を利用するのがおすすめです。


3.新たに追加された各種加算措置

1.成長分野(IT等)において所管省庁が関与する先端プロジェクトに従事する人材に対する加算(10点)
2.高額投資家に対する加算(5点)
3.トップ大学卒業者に対する加算(10点)
4.ODAを活用した人材育成事業の修了者に対する加算(5点)
5.高度学術研究分野における大卒者等への加算(10点)
6.複数の修士号または博士号を習得したものに対する加算(5点)
7.一定の水準の日本語能力(日本語能力試験N2程度)を有する者への加算(10点)

3.高度人材の永住要件緩和以外のメリット

 高度人材と認定された外国人には、通常の就労ビザとは異なる大きなメリットが与えられます。

4.高度人材外国人の永住ビザ申請の必要書類

 一般的に必要とされる書類は入国管理局のWEBサイトに掲載されていますのでそちらをご参照ください。


 弊社に業務をご依頼いただいた場合には、お客様の状況にあわせてもっとも許可率が高くなると思われる書類をご提案いたしますので、入国管理局のWEBサイトに掲載されている必要書類とは異なる場合が多々ございます。

5.ACROSEEDの高度人材ビザ取得および永住権取得サービス

1.高度人材ビザ取得のコンサルティング

  高度人材ビザのポイント確認を行い許可率の診断、問題点の確認を行います。高度人材ポイントでの永住権申請をご希望のお客様にはあわせて永住権取得の診断も行います。

ACROSEEDには担当分野別に行政書士が所属しています。お客様のご相談内容にあわせ、最もその業務に精通した行政書士がご相談をうかがい、問題点があればその対処方法、過去のサービス事例について丁寧にご説明していきます。


2.書類作成

 お客様の状況に合わせ、高度人材ビザまたは永住許可の可能性が最も高くなると思われる提出書類を作成していきます。

 書類作成は迅速かつ入念なチェックを行うためにも、サポートスタッフが申請書類を作成し、お客様の状況を理解している担当行政書士者が再度申請書類をチェックする体制をとっております。

 完成した申請書類はお客様にご確認いただいた上で、署名や押印を頂きます。


3.入国管理局への高度人材ビザ申請提出代行・許可時の証印手続き

 お客様に代わってACROSEEDの行政書士が入国管理局へ高度専門職ビザまたは永住許可申請を行います。また許可時のパスポートへ高度人材ビザまたは永住ビザの証印をもうらう証印手続きも代行いたします。

したがってお客様は原則として最初から最後まで一度も入国管理局へ行く必要はございません。


4.審査期間中の入国管理局との折衝

 入国管理局から事情説明などが求められた場合には、お客様に代わって担当行政書士が入国管理局の審査官と交渉いたします。また、追加書類の提出を求められた場合にはお客様にご連絡した上で速やかに対応します。

 審査が想定より長期に及ぶ場合には、審査の進捗状況なども適宜確認し、必要があれば提出書類を追加することもございます。

6.ご相談から高度人材ビザ取得・永住取得までのフロー/目安となる期間

無料相談 高度人材ビザのポイントを確認し許可率診断を行います。
   
業務のご依頼 高度人材ビザ取得もしくは高度人材ポイントを利用した永住ビザ取得の業務をご依頼いただける場合は、契約書を取り交わし、ご入金を頂いた時点で業務に着手させていただきます。
   
書類作成 過去の経験から最も許可率が高くなると思われる書類を準備、作成してまいります。
   
入国管理局への申請代行 お客様に代わり、ACROSEEDの行政書士が入国管理局へ申請を行います。
   
許可の取得代行 許可の通知はACROSEEDに届きます。お客様に代わり、行政書士が入国管理局で証印手続きを行います。
   
パスポートご返却 高度人材ビザの証印があるパスポートをお客様にご返却して業務終了となります。

7.ACROSEEDでの高度人材ビザ、永住申請代行費用(税別)

高度人材ビザ新規取得 150,000円
高度人材ポイントを利用した永住権取得 120,000円
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン