永住ビザ申請

外国人の日本永住ビザ申請
外国人ビザ申請無料相談

1.永住権をとる5つのメリット

 永住権とは、文字通り外国人が日本に永久的に居住できることを表し、日本に滞在する外国人が永住権を取得すると多くのメリットがあります。そのため、多くの外国人が最終的には永住権の取得を求めています。

1.ビザ更新がいらない

 永住権を取得すると、従来のビザのように1年、3年、5年に1回といったビザ更新が必要なくなります。法務省によると永住権は「無期限」と定められています。そのため永住権があれば、数年に一度のビザ更新のために会社を休んで遠い入国管理局まで行く必要もなく、長い時間待たされることもなくなります。また、更新のたびに次の滞在期間は何年だろうとハラハラしながら結果を待つこともなくなります。


2.仕事の制限がない

 永住権の所持者には仕事の制限がなくなります。一般的な就労ビザには就くことができる仕事が決まっており、これに違反すると入管法違反となり日本からの退去強制の対象となることもあります。しかし、永住権の場合には就労制限がありませんので、日本人と同等にどんな職業でも就くことができます。もちろん法律に違反するものはダメですが、合法であれば風俗業などでも問題なく働くことが可能となります。


3.ほぼ日本人と同等の権利がもらえる

 国籍やアイデンティティなどは別として、権利義務において永住権を持つことと、日本国籍を持つことの一番大きな違いは政治への参政権があるかないかです。永住権と言えでも外国人であることには変わりませんので、残念ながら日本国民のような国政への参政権は認められていません。しかし、市区町村などのコミュニティでは永住外国人の参政を認めようという動きが見られますので、今後はルールが変わっていく可能性が考えられます。


4.住宅ローンが組める

 最近では日本で住宅を購入する外国人も多くなりましたが、マンションや一戸建てを現金一括で買える人はめったにいません。そのため、住宅ローンを組むことになりますが、多くの金融機関では借入の要件として「永住権をもっていること」と定められています。そのため、仕事や収入などの要件はクリアしていても永住権がないためにマイホームを購入できない事例が見られます。

 最近では一部の銀行で永住権なしでも住宅ローンを組めるようになっているようですが、金利やサービス内容等で比較すると劣るものもあります。永住権があればこのような問題から解放され、自分の好きな金融機関で好きなサービスを選ぶことができるようになります。


5.奥さん、子供の日本滞在が有利になる

 一般的な「就労ビザ」で働く外国人の場合には、その奥さんやお子さんは「家族滞在ビザ」が与えられます。しかし、アルバイトなどで働く場合には入国管理局の許可が必要ですし、かりにお父さんの就労ビザが不許可となって場合は、当然に家族ビザも不許可となります。

 しかし、仮にお父さんが永住権を持っていれば、その奥さんやお子さんは「永住者の配偶者等」というビザとなり、原則として就労制限もありません。永住権の申請も数年程度で可能となり、家族全員が永住権を取得することも現実的に見えてきます。家族と共に日本での安定した生活を手に入れるためにも、永住権の取得は必要不可欠となっています。


参照ページ: 永住申請と帰化申請のちがいについて

2.永住の取得要件

1.永住ビザ許可のガイドライン

 入国管理局のホームページには、永住権取得について以下のガイドラインを掲載しています。

 なお、通常の就労ビザを現在お持ちの方でも、高度人材のポイントが80点以上の場合は就労後1年で永住許可を取得できるケースもあります。詳しくは以下のページをご覧ください。

参照ページ: 高度人材ポイントを利用した永住申請


2. 原則10年在留に関する特例

  1. 日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
  2. 「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
  3. 難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
  4. 外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること。

4.永住権を取得されたお客様の声

VOL.164 K様(中国)
永住許可取得
VOL.144 R様(中国)
永住ビザ取得
VOL.141 C様(中国)
永住ビザ取得
VOL.140 パラノビチ様(ハンガリー)
永住ビザ取得
VOL.139 A様(オーストラリア)
永住ビザ取得
VOL.135 A様(バングラディシュ)
3度目にして永住許可取得
VOL.125 M様(韓国)
永住権取得
VOL.113 マンジュラ様(スリランカ)
永住ビザ取得
VOL.112 R様(中国)
永住ビザ取得
VOL.107 H様(韓国)
永住ビザ取得
VOL.101 マルトン様
永住許可取得
VOL.100 宮崎様(フィリピン)
永住許可取得
VOL.93 富様(中国)
永住ビザ取得
VOL.81 馬様(中国)
永住ビザ(永住権)取得
VOL.80 Z様(中国)
永住ビザ(永住権)取得
VOL.78 T様(ルーマニア)
永住ビザ(永住権)取得
VOL.61 Daniel Pryor様(オーストラリア)
永住ビザ(永住権)の取得
VOL.43 Andreas Jensen様 (スウェーデン)
永住権の取得
VOL.29 W 様(カナダ国籍)
永住ビザ取得

5.ACROSEEDの永住ビザ取得サービス

1.永住ビザ取得のコンサルティング

  永住ビザ(永住権取得)の許可率の診断、問題点の確認を行います。

ACROSEEDには担当分野別に行政書士が所属しています。お客様のご相談内容にあわせ、最もその業務に精通した行政書士がご相談をうかがい、問題点があればその対処方法、過去のサービス事例について丁寧にご説明していきます。


2.書類作成

 お客様の状況に合わせ、永住許可の可能性が最も高くなると思われる提出書類を作成していきます。

 書類作成は迅速かつ入念なチェックを行うためにも、サポートスタッフが申請書類を作成し、お客様の状況を理解している担当行政書士者が再度申請書類をチェックする体制をとっております。

 完成した申請書類はお客様にご確認いただいた上で、署名や押印を頂きます。


3.入国管理局への永住許可申請提出代行・許可時の証印手続き

 お客様に代わってACROSEEDの行政書士が入国管理局へ永住許可申請を行います。また許可時のパスポートへ永住許可の証印をもうらう証印手続きも代行いたします。

したがってお客様は原則として最初から最後まで一度も入国管理局へ行く必要はございません。


4.審査期間中の入国管理局との折衝

 入国管理局から事情説明などが求められた場合には、お客様に代わって担当行政書士が入国管理局の審査官と交渉いたします。また、追加書類の提出を求められた場合にはお客様にご連絡した上で速やかに対応します。

 審査が想定より長期に及ぶ場合には、審査の進捗状況なども適宜確認し、必要があれば提出書類を追加することもございます。

6.ご相談から永住ビザ取得までのフロー/目安となる期間

無料相談 永住ビザ申請の許可率を診断し、問題点を確認します。
   
業務のご依頼 業務をご依頼いただける場合は、契約書を取り交わし、ご入金を頂いた時点で業務に着手させていただきます。
   
書類作成 過去の経験から最も許可率が高くなると思われる書類を準備、作成してまいります。
   
入国管理局への申請代行 お客様に代わり、ACROSEEDの行政書士が入国管理局へ申請を行います。(審査期間およそ6から8ヶ月)
   
許可の取得代行 許可の通知はACROSEEDに届きます。お客様に代わり、行政書士が入国管理局で証印手続きを行います。
   
パスポートご返却 永住許可の証印があるパスポートをお客様にご返却して業務終了となります。

7.ACROSEEDでの永住ビザ申請代行費用(税別)

永住ビザ新規取得 150,000円
過去に不許可になった永住申請の再申請 150,000円~200,000円
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン