ビザ申請サービスホームページ(個人のお客様) > 永住ビザ

永住ビザ申請

永住ビザ申請
永住ビザの解説 永住ビザの解説
永住ビザ申請についての解説。
サービス事例 サービス事例
永住許可申請のサービス事例のご紹介。
お客様の声 お客様の声
永住許可を取得されたお客様の声。
サービスのご案内 サービスのご案内
あなたの永住ビザ申請をACROSEEDがサポートします。
業務の流れ 業務の流れ
無料相談から永住ビザ取得までの流れについて。
サービス料金 サービス料金
永住ビザ取得サービスの料金はこちら

永住ビザとは

 永住ビザを取得した場合、在留活動や在留期間に制限がなくなるため日本での活動が自由になります。従って、職業も自由に選べるようになりますし、当然、ビザの更新手続は必要なくなります。(再入国許可は別途更新が必要)このように永住ビザ取得は外国人の方にとっては大きなメリットとなります。

 また、永住権を取得した場合には日本社会で生活する上で信用が増すことが多く、住宅購入の際には銀行ローンや公庫などのローンも利用できるようになるため、住宅購入前に是非永住ビザを取得したいとお考えの方は多くいらっしゃいます。

 ただし、永住ビザ取得後もあくまで外国人であることには変わりませんので、退去強制自由に該当すれば、当然退去を強制され、参政権も今のところはありません。

 永住ビザ取得には、長年日本に在留し安定した生活基盤が日本にあることが大前提となります。

参照ページ: 永住申請と帰化申請のちがいについて

永住ビザ許可のガイドライン

 入国管理局のホームページには、永住権取得について以下のガイドラインを掲載しています。

法律上の要件
1. 素行が善良であること
法律を遵守し日常生活においても住民として社会的に非難されることのない生活を営んでいること
2.独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
日常生活において公共の負担にならず,その有する資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること。
3.その者の永住が日本国の利益に合すると認められること
ア. 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし,この期間のうち,就労  資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。
イ. 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること。
ウ. 現に有している在留資格について,出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定さ れている最長の在留期間をもって在留していること。
エ. 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと
* ただし,日本人,永住者又は特別永住者の配偶者又は子である場合には,(1)及び(2)に適合することを要しない。また,難民の認定を受けている者の場合には(2)に適合することを要しない。

2. 原則10年在留に関する特例

(1) 日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
(2) 「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること
(3) 難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること
(4) 外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること。

永住権を取得されたお客様の声

永住ビザ取得
永住ビザ取得
永住ビザ取得
3度目にして永住許可取得
永住権取得
永住ビザ取得
永住ビザ取得
永住許可取得
永住ビザ取得
2度の不許可後、永住ビザ取得
永住ビザ(永住権)取得
永住ビザ(永住権)取得
永住ビザ(永住権)取得
永住ビザ(永住権)の取得
永住ビザの取得
永住ビザ取得

ACROSEEDの永住ビザ取得サービス

1.永住ビザ取得のコンサルティング

  永住ビザ(永住権取得)の許可率の診断、問題点の確認を行います。

ACROSEEDには担当分野別に行政書士が所属しています。お客様のご相談内容にあわせ、最もその業務に精通した行政書士がご相談をうかがい、問題点があればその対処方法、過去のサービス事例について丁寧にご説明していきます。

2.書類作成

 お客様の状況に合わせ、永住許可の可能性が最も高くなると思われる提出書類を作成していきます。

 書類作成は迅速かつ入念なチェックを行うためにも、サポートスタッフが申請書類を作成し、お客様の状況を理解している担当行政書士者が再度申請書類をチェックする体制をとっております。

 完成した申請書類はお客様にご確認いただいた上で、署名や押印を頂きます。

3.入国管理局への永住許可申請提出代行・許可時の証印手続き

 お客様に代わってACROSEEDの行政書士が入国管理局へ永住許可申請を行います。また許可時のパスポートへ永住許可の証印をもうらう証印手続きも代行いたします。

したがってお客様は原則として最初から最後まで一度も入国管理局へ行く必要はございません。

4.審査期間中の入国管理局との折衝

 入国管理局から事情説明などが求められた場合には、お客様に代わって担当行政書士が入国管理局の審査官と交渉いたします。また、追加書類の提出を求められた場合にはお客様にご連絡した上で速やかに対応します。

 審査が想定より長期に及ぶ場合には、審査の進捗状況なども適宜確認し、必要があれば提出書類を追加することもございます。

ご相談から永住ビザ取得までのフロー/目安となる期間

無料相談 永住ビザ申請の許可率を診断し、問題点を確認します。
   
業務のご依頼 業務をご依頼いただける場合は、契約書を取り交わし、ご入金を頂いた時点で業務に着手させていただきます。
   
書類作成 過去の経験から最も許可率が高くなると思われる書類を準備、作成してまいります。
   
入国管理局への申請代行 お客様に代わり、ACROSEEDの行政書士が入国管理局へ申請を行います。(審査期間およそ6から8ヶ月)
   
許可の取得代行 許可の通知はACROSEEDに届きます。お客様に代わり、行政書士が入国管理局で証印手続きを行います。
   
パスポートご返却 永住許可の証印があるパスポートをお客様にご返却して業務終了となります。

ACROSEEDでの永住ビザ申請代行費用

ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>