帰化申請事例1

就労して3年経っていないが帰化申請したい

 帰化の基本条件の1つに引き続き5年以上日本に住所を有することという項目があります。

 これによれば留学生で在留した期間も含めて5年以上あれば期間については一応クリアしています。しかし帰化申請の場合は滞在歴の要件に加え、生活基盤の安定性についても詳細が問われますので、法務局では、留学生として入国してきた人たちは就職してから3年程度の社会経験があることが望ましいというガイドラインがあるようです。したがって帰化申請を特別に急ぐ理由がない方は就労ビザを取得してから3年程度経過してから申請されたほうがよいでしょう。

 しかし勤務経験が必ずしも3年経過していなくても申請することは可能であり、ACROSEEDでも社会人経験2年程度で許可取得できたケースもあります。

 帰化申請でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連ページへのリンク
帰化申請 / 無料相談に進む 
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>