ビザ申請サービスホームページ > 事例一覧 >現在海外にいるがこれから日本で会社を設立し経営管理ビザ(旧:投資経営ビザ)を取得したい

経営管理ビザ事例3

現在海外にいるがこれから日本で会社を設立し経営管理ビザ(旧:投資経営ビザ)を取得したい

 海外在住の方が日本で会社を設立し経営管理ビザ(旧:投資経営ビザ)申請を行うには、まず短期ビザなどで一度来日し、手続に慣れたご友人や行政書士に事務手続きを依頼するケースが多いようです。

 滞在中にオフィス選び、会社設立、取引銀行への挨拶、業務契約などを行い、入国管理局への申請は代理人に任せて帰国。その後在留資格認定証明書が交付されてから改めて日本大使館(領事館)で経営管理ビザ(旧:投資経営ビザ)を取得して日本に入国することになります。

  ACROSEEDでは海外在住の方の経営管理ビザ(旧:投資経営ビザ)取得において様々な許可取得事例がございます。上記の方法以外にも様々な方法がございますので、経営管理ビザ(旧:投資経営ビザ)取得でお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

関連ページへのリンク
経営管理ビザ / 在留資格認定証明書交付申請 / 無料相談に進む 
ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>