ビザ申請サービスホームページ(個人のお客様) > ビザ申請の基礎知識 > 入国管理局の審査スタンス

ビザ申請の基礎知識

入国管理局の審査スタンス

 入管法第7条第2項では、ビザ申請の基本となる考え方を端的に表しています。

(入国審査官の審査)
第7条
2 前項の審査を受ける外国人は、同項に規定する上陸のための条件に適合していることを自ら立証しなければならない。この場合において…

 ここに記載されているとおり、ビザ申請を行う人は自分自身で条件に合致することを証明しなければなりません。ということは、外国人やその親族などの申請人が入管法や膨大な諸規定をすべて理解し、適合条件などを把握しなければならない事になります。

 つまり、仮に条件に適合していたとしても、立証の仕方が悪く審査官が理解できずに不許可となった場合でも、申請者の責任となってしまいます。また、審査中に疑問点などがあれば、入国管理局が追加資料や事情説明を個別に求めることもありますが、この条文の趣旨から考えると、これはあくまでも審査官のサービスであり、事情などを確認せずに不許可としても問題はないことになります。

 こうなると「とりあえず書類を出せば、あとは入管でなんとか対応してくれるだろう…」という考えは通用せず、基本はすべて自己責任となります。

 とはいえ、一般の方がビザ申請を行う回数は一生のうちに数度しかないと思います。そのために膨大な時間をかけて勉強する人はいないでしょうし、入国管理局でも財団法人入管協会が実施するインフォメーションセンターを設けるなどして相談の対応は行っています。ご自身でビザ申請をされる場合には、このような公的な機関を利用しての情報収集が大切となります。
ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>