ビザ申請サービスホームページ(個人のお客様) > ビザ申請の基礎知識 > 本人申請と行政書士への依頼の違い

ビザ申請の基礎知識

本人申請と行政書士への依頼の違い

 ビザ申請を行う場合、多くの方が自分で申請を行うか、行政書士などの専門家に依頼するかで悩まれることと思います。これは申請しようとするビザの内容や状況などによって異なるので、明確にどちらが正解とは言い切れません。

 ただし、行政書士が業として行う場合と本人申請の最も大きな違いは、前章でも述べましたが経験の違いです。一般の方であれば多くてもビザ申請を行うのは一生に数回なのに対し、事務所にもよりますが行政書士はその数十倍から数百倍の件数を毎年申請しています。当然、仕事として多くの経験を持つ行政書士の方が、申請のコツや入管の考え方などを熟知しているため、ビザが許可となる可能性は高まります。

  また、事務所のサービス内容にもよりますが、行政書士であれば申請中にトラブルが発生した場合や不許可となってしまった場合でもしっかりと対応してくれるはずです。

ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>