ビザ申請サービスホームページ(個人のお客様) > よくあるご質問について

よくあるご質問について

ビザ申請よくあるご質問

ご質問に対するお答え

Q1. 無料相談には、時間制限がありますか?

 原則として時間制限は設けていません。

  お客様の状況やビザの種類にもよりますが、通常は1時間程度のご相談となるケースがほとんどです。方針や疑問点などは、お時間を気にせずにゆっくりとご相談ください。

Q2. 無料相談の結果、依頼をしなくてもいいのですか?

 もちろん大丈夫です。
ご相談の結果、業務をご依頼されなくても料金などをご請求することは一切ありませんので、お気軽にご相談ください。

Q3. 自分でビザ申請する場合と専門家に依頼した場合の違いは?

違い1 適切なビザ申請を行うことが出来ます。

 ご自身で申請する場合には、入国管理局で配布されている必要書類一覧表に基づき資料を準備することになります。この入国管理局で配布されている資料は、あくまでも一般的に必要となる最低限の資料の案内ですので、すべての申請者にとって十分な資料とはいえません。

 例えば
・海外出張が多く日本の滞在日数が少ない
・就職先がなかなか見つからない
・過去に不法滞在歴がある
など申請者ごとに在留状況や抱える問題点があり、当然にビザ申請に必要な書類も異なってきます。

 このような状況に対し専門家の仕事は大まかに言って以下の3点となります。
1. 許可率が高くなる方法をご提示する
2. 入国管理局で許可される書類を作成する
3. お客様に代わって入国管理局とやりとりを行う

 したがって一般の方がビザ申請をする場合より許可率が高くなり、スムーズに手続きを行うことが出来ます。

違い2 入国管理局へ行かずにビザ申請ができます 。

 通常ご自身でビザ申請をされる場合には、入国管理局へ何度か足を運ぶ必要がでてきます。
1. ビザ申請前の必要書類の確認
2. ビザ申請時
3. 許可取得時のパスポートへの証印手続き
これに加え時には、追加資料の提出、事情説明などで入国管理局へ行かなくてはならないこともあります。

 一方ビザ申請を専門家に依頼した場合は申請代理が可能ですので、上記すべての件でお客様が直接入国管理局へ行く必要は原則としてありません。(ただし、不法滞在者の在留特別許可申請や法務局への帰化申請などなど一部の特殊な業務についてはお客様ご自身も申請に行く必要があります)

Q4. ACROSEEDにビザ申請を依頼した場合のメリットは?

メリット1 最も許可率が高くなると思われる方法でビザ申請ができます

 行政書士法人ACROSEEDは前身の佐野行政書士事務所の時代から通算しますと20年の実績ある行政書士事務所です。特にビザ申請業務に関しては昭和63年の入国管理局申請取次制度(行政書士によるビザ代理申請を認める制度)発足時より
10,000件以上のビザ申請経験と実績を保持しております。

 ACROSEEDの場合、申請取次資格を有する5名の行政書士が1週間に3回程度入国管理局に対し申請を行い、審査状況等を逐一確認してきますので入国管理局の最新の動向を常に把握しております。

 またACROSEEDでは過去に申請した10000件以上のデータをすべて保有しており、スタッフ全員が情報を共有できるシステムをとりいれております。

 したがってACROSEEDにご依頼をいただいたお客様には、これら10000件以上の申請データを参照しながら最新の入国管理局の動向にあわせた申請方法のご提示、申請書類の作成を行いますので、お客様にとって最適なビザ申請が可能になります。

メリット2 許可取得が難しい案件は事前にお客様にお伝えします。

 ACROSEEDではお客様のご相談をお聞きした後、ビザ取得が見込まれない、あるいは許可率が低い案件についてはお客様にその旨を率直にお話させていただきます。お客様はその内容をよく勘案した上で、ビザ申請を行うか申請を取りやめるかをご判断下さい。

 ACROSEEDは申請許可率の高さそしてお客様との信頼関係を大変重視しています。そのため不許可となるような案件を容易にお引き受けすることはありません。また、お客様にとって不利になる状況がある場合には業務のご依頼を頂く前にお伝えいたしますので、どうぞ安心してご相談下さい。


メリット3 ご依頼からビザ申請まで可能な限り最短日数で業務を行います

 行政書士の中でも申請取次ぎという資格を有する行政書士に限っては、お客様に代わって入国管理局でビザの申請をすることが法律的に認められています。

 ACROSEEDにはこの申請取次資格を有する行政書士が5名在籍しており(2008年8月現在)、1週間に3回程度入国管理局でビザ申請を行っております。

 そのため書類作成後速やかに入国管理局でビザ申請を行うことが可能ですので、最短日数で業務を遂行いたします。

Q5. ACROSEEDに依頼してもしビザが不許可になった場合は?

 ACROSEEDではお客様からのご相談をお聞きし、不許可となる案件については事前にお断りしているため、非常に高い許可率を維持しております。

 しかしながら万が一にもビザが不許可となってしまった場合には、無料にて再申請をさせていただきます。そのため、ACROSEEDにとってもお客様のビザが取れるかどうかは非常に重要であり、できるだけ1度でビザが取得できるよう、常に最善の努力をいたします。

Q6. 業務依頼する場合、料金はいつ支払えばよいのでしょうか?

 無料相談の後、正式に業務のご依頼を頂く場合にはご契約をかわしていただきます。手続き費用のお支払いは基本的にはその時点で全額をお願いしておりますが、お支払いの時期、方法についてはお客様のご要望に柔軟に対応させていただきます。

 ご要望がある場合にはご遠慮なく担当者にお申し付け下さい。 ビザカード、マスターカードによるお支払いも可能です。

Q7. 電話やメールのやり取りだけで依頼することはできますか?

 ACROSEEDでは出来るだけお客様とお会いした上でご相談をうかがう方針をとっております。

 しかしながら様々なご事情でご相談のお時間を取ることが出来ないお客様、遠方で直接お越しいただくことが難しいお客様の場合、お電話で十分にお話を伺った上で業務を進めることも可能ですので担当者にお申し付け下さい。

Q8. 大きな事務所だと、流れ作業みたいに業務が終了しそうで不安です。

 専門家が1件ずつ個別に対応しています。
 流れ作業のように単純に処理できないのがビザ申請の特徴です。ビザ申請では、お客様の状況は一つとして同じものはなく、入国管理局の裁量権も非常に強い分野でもあるため、どうしても専門家が1件ずつ個別に対応しなければなりません。

 また、ACROSEEDの規模であれば、それぞれの分野に特化した専門家がチームを組み、より高度な案件に対応することも可能です。私たちは、どのような案件でも1件ずつ丁寧に対応していますのでご安心ください。

Q9. 本人の代わりに友達である私が依頼することはできますか?

 ACROSEEDでは、ご本人様から直接の依頼しかお引き受けしておりません。
ご不便をおかけしますが、虚偽申請や第三者によるなり済ましなどの不正な依頼を避けるため、このような方針を実施しています。ただし、病気や言葉の問題など、特別な事情がある場合にはお気軽にご相談ください。できる限り対応させていただきます。

ビザ申請無料相談

行政書士法人ACROSEED
Copyright(C)2009 ACROSEED Co.LTD, AllRights Reserved.
>