ビザ申請サービス
行政書士法人ACROSEED

日本人と離婚後の定住者ビザ申請

定住者ビザQ&A
結婚はしてませんが、日本人との間に生まれた子供がおります。定住者ビザはとれるのでしょうか?
「日本人の実子を看護・養育する者」として「定住者」が認められる可能性があります。

 外国人である父または母が、生計を営むに足りる資産又は技能を有し、日本人との間に生まれた実子を看護・養育している場合、定住者告示に定められた活動ではありませんが、「定住者」の在留資格が認められることがあります。

 これは実子の親権者であり、現に相当期間この実子を看護・養育していなければなりません。

 ご質問のケースの場合、婚姻関係のない男女間に生まれた子との関係性は非常に重要となります。

 たとえ生物学的に親子関係があったとしても認知がなければ赤の他人です。外国人母が日本人の子を産んだ場合には日本人父による認知が必要です。

 一方、日本人母が子を産んだ場合、外国人父が認知をしなければなりません。

 定住者ビザは認知だけでは足りず、親権者であることも要件となりますので、父母の協議で親権を外国人父に変えなければなりません。

 認知の場合の親権者を定める民法第819条4項によれば、父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行うとされており、単に外国人父が認知をしただけでは親権者ではないので、共同親権では認められない場合には、定住の要件をみたさないことがありますので注意が必要です。

定住者ビザ申請のQ&A一覧

日本人配偶者だった方が離婚(死別)したので、定住ビザを取得したい
海外在住の子供を日本に呼んで一緒に生活するために定住ビザを取得したい
外国人の子供を養子にすれば、日本人である私の子としてビザは認められますか?
結婚はしてませんが、日本人との間に生まれた子供がおります。定住者ビザはとれるのでしょうか?
日本人の夫と離婚しました。子供の親権は夫にありますが、親権を変えたら子供からビザを貰えますか?
定住者はどんな状況で取得できるものなのでしょうか。
連れ子を呼び寄せたい(20歳に近いケース)

Googleの口コミに頂いたお客様の声

外国人の日本永住ビザ申請

開業1986年、業界最多33,000件のビザ申請実績

許可率99.2%、多くのお客様に支持された安心サービス

交通費ご負担なし!一律価格で全国対応

難しい案件、不許可案件の再申請も許可実績多数

追加料金なし!明瞭な料金システム

不許可の場合は無料再申請で許可取得まで徹底サポート

ACROSEEDの業務実績
ACROSEEDがお客様に選ばれるわけ
お客様の声を見る
無料相談

無料相談・お問い合わせはお気軽に!(全国対応)

1986年の開業以来、日本入国や不法滞在でお悩みの方に出入国在留管理庁での各種手続きを40年近くサポートしています。

電話相談、メール相談、オンライン相談、ご来社での相談が可能です。また、英語対応も可能です。

法人向けサービス


ご依頼の多いサービス


個人向けサービス

1.サービス概要

2.ビザの種類別

3.手続き別サービス


Q&A


ACROSEEDについて